忍者ブログ
Admin | Write | Comment

Room#7001

同人サークル「Room#7001」のブログです。

■ゆるゆり同人誌最新作予約開始!
あまひま*さくさく5」がメロンブックス様にて現在予約受付中です。
よろしくお願いします!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゆるゆり:プロット晒ししてみるテスト


↑この漫画のプロットを晒してみるテスト。
結構セリフとか変わってたりするので見比べると面白いかも。個人的に。

思いついたアイデアを元に絵にする前に文章化するのがプロット、という位置づけにしてます。
設定だけ書き連ねて終わる場合もあるし、このように展開まで進展するものもあります。
どちらかというとメモ書きに近いかもしれないですね。

以下、ネームの前に書いたプロット。

─────────────────────

「世界でいちばん甘い冬」

街中。
あかちなにばったり出会うひまさく。

あ「あ、向日葵ちゃん櫻子ちゃん!」
さ「なんか美味しそうなもの食べてる!」
あ「あそこの焼き芋屋さん美味しいんだよぉ♪二人も食べてみるといいよぉ」
ひ「赤座さんがそこまで言うなら食べてみたいですわね」
さ「私も食べたい食べたい!」
ち「オススメはいちごチョコマシュマロとキャラメルティラミスかなぁ」
ひ「焼き芋にトッピングなんてあるんですのね…」

ひ・さ「じゃあいちごチョコマシュマロで…」
ギロ
睨み合う二人

さ「向日葵と同じだなんて嫌だし!」
ひ「それはこっちのセリフですわ!」
さ「なんだとー!?この怪人おっぱいボンバー!」
ひ「いっつも人の作ったお菓子全部食べちゃうくせになんですのその言い草は!」
あ「まぁまぁ…」
さ「私がいちごチョコマシュマロ食う!」
ひ「ほんとに駄々っ子ですわね…じゃあ私はキャラメルティラミスにしましょう」

そして購入

さ「美味いー!」
あ「でしょぉ?」

ひ「思ったより甘くなくて美味しいですわ」
ち「これも美味しいんだよ、食べてみる?」

ぱくっ
向日葵に食べさせるちなつ
それを見て複雑な表情の櫻子

さ「むぅ…あかりちゃんの食べてみていい!?」
あ「うん、いいよぉ」

ぱくっ
今度は向日葵がそれを見る
してやったりな櫻子
ひ「?」

ち「あっ!そろそろ行かないと!あかりちゃん!」
あ「あ、そうだね!じゃあね、向日葵ちゃん櫻子ちゃん」

ひ「…」
さ「…」
ひ「…ちょっとおなかいっぱいですわね…櫻子一口食べてくれません?」
さ「いいの?なんなら全部食べてやろうか!」
ひ「一口と言っているでしょう」

ぱくっ

さ「ん…向日葵もこれ一口食べていいよ」
ひ「え、珍しい…本当にいいんですの?」
さ「うっさいなー!いらないならやらない!」
ひ「せっかくだから一口いただきますわ」

ぱくっ

ひ「美味しいですわ」
さ「向日葵」
ひ「なんですの」
さ「お菓子作って」
ひ「はぁ?今食べたばっかりじゃありませんの」
さ「だって向日葵の作ったお菓子のほうが美味しいんだもん」
ひ「え…」
さ「食べなれた味じゃないと落ち着かないってのあるじゃん」
ひ「しょ…しょうがないですわね…」
さ「そうと決まれば早く帰ってさっさと作れシェフ!」
ひ「せめてパティシエと言いなさいよ」


さ「やっぱお腹いっぱい…」ウプッ
ひ「だから言ったじゃありませんの!」

─────────────────────

【5/13追記】
大まかな話の流れは完成した漫画版とあまりズレはないですね。
この「大まかな話の流れ」を決めるのがプロットの役割です。
キャラに絶対言わせたいセリフ、そしてその流れとオチ。
これを決めておけば、ストーリーとして大きくブレることはないんじゃないかと思います。
要は、話の核となる部分はどこか、を自分で把握しておくってことですかね。

この話で言えば、櫻子が無意識に放つ
「だって向日葵の作ったお菓子のほうが美味しいんだもん」
が俺として絶対言わせたいセリフなんですね。
このワンアイデアだけで話を膨らませていきました。

・そこに持っていくためにどういう舞台設定にするか。
→向日葵以外が作ったお菓子を食べる場面が必要

・もう少し話をふくらませたい。
→ちなあかを登場させて、流行りのお菓子を食べてるところに遭遇させる
→さらに、さくあか・ちなひまの要素を少し取り込む
→櫻子の無意識なヤキモチの場面再現

・オチはどうする?
→流行りのお菓子を食べきっておなかいっぱいなのに、向日葵の作ったお菓子を食べる櫻子。
 無理して食べることに呆れる向日葵(でも嬉しい)。

…といった感じで、話をふくらませていき、上記のプロットのような形になりました。


これを元に、ネームを切っていくのですが、
1Pでどこで区切るのか、どこを見せ場にするのか、と言ったことを同時に考えながら
コマ割りや構図を決めていきます。
“漫画”としての流れが不自然じゃないように、セリフの追加や間の調整がここで入ります。

そのため、上記プロットと漫画版では、
セリフに変更が入りやりとりが変わってたりする部分があるんですね。


参考になるかどうか分かりませんが、
俺はこんな形で話を作っておりますです。

拍手[1回]

PR

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

このブログについて

性別:男性
職業:会社員
年齢:オサーン
7001(ななせんいち)のイラスト・漫画を公開している気まぐれ更新ブログです。
初upは2006/10/14
絵がどれだけ上達したかの成長日記(黒歴史帳)みたいなものです。

Twitter

Twitpic

カレンダー&カウンター


ブログ移設日(2010/09/27)からのカウントです

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お知り合いリンク

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

同人DL

漫画

イラストSNS

新刊コミック

Copyright ©  -- Room#7001 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]